【お知らせ】優れた女性研究者賞の第1回受賞者が白仁田沙代子准教授に決定しました。

ダイバーシティ研究環境実現・女性研究者の促進に向けて、「優れた女性研究者賞」を創設し、この度第1回優れた女性研究者用表彰式が行われました。

日時

2021年2月17日(水)11:40~12:00

場 所

長岡技術科学大学 第1会議室

次 第

(1)本賞の紹介と決定経緯、受賞者業績紹介・・選考委員長 鎌土重晴

(2)賞状・副賞授与・・ダイバーシティ連携推進会議議長、本学学長 東 信彦

 (3)受賞者の言葉・・物質材料工学専攻 准教授 白仁田沙代子

1.「優れた女性研究者賞」創設の目的

 文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」の代表機関である本学と、共同実施機関である長岡工業高等専門学校および株式会社イートラストとともに、女性活躍推進のため、令和2年10月、新たな表彰制度「優れた女性研究者賞」を創設しました。

 これは、研究や教育、社会貢献等に優れた業績を挙げ、自然科学系分野の発展と向上に貢献したと認められる准教授以下の女性研究者を顕彰することにより、一層の活躍を願うと共に、女子学生や若手研究者にとってのロールモデルとなり、工学をはじめ自然科学系分野へ進む後進を励まし、増やすことを目的とするものです。 

2.決定経緯

(1)令和2年10月12日(月)優れた女性研究者賞を創設

(2)令和2年10月26日(月)第1回優れた女性研究者賞の募集

(3)令和2年12月17日(木)第1回優れた女性研究者賞選考委員4名(内、連携機関外から1名)委嘱

(4)令和3年1月19日(火)募集締切(長岡技大の専攻長及び長岡高専の学科長の推薦を受けた6名が応募)

(5)令和3年2月2日(火)選考委員4名による選考委員会開催、受賞者を選考

(6)令和3年2月10日(水)第22回ダイバーシティ連携推進会議で受賞者決定

3.白仁田沙代子准教授 業績要約

全体講評: 研究業績は特に優れており全員が認めるところである。また、学生指導に熱心に当たり、ポスター賞など9件の受賞があるなど自然科学系人材の育成にも貢献している。各種自然科学系学会の委員会委員を積極的に務め、学術の発展に携わっている。我が国の喫緊の課題となっている男女共同参画社会の実現、さらに科学技術の発展にとって重要視されているダイバーシティ研究環境の実現と女性研究者の育成は急務である。同趣旨の活動にも積極的に取り組んでおり貢献している。今後、一層そのパイオニアとしての活躍を期待するところである。

(1)優れた研究業績:現任機関在職中の論文数45編、独創的な装置や製造方法の開発により特許4件等、研究業績は特に優れている。学会からの受賞3件、文部科学大臣表彰1件

(2)優れた教育業績:優れた指導により学生のポスター賞等9件受賞

(3)社会貢献等の業績:学会の委員会委員8件 (4)男女共同参画推進活動:電気化学会女性躍進賞受賞、第2回女子・高専・技大コロキアム実行委員会委員等4件